RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
新政権の船出
  私は、かねて「民主党は生まれ変わらなければならない。年功序列から実力主義へ」と主張してきたが、菅首相の組閣・党内人事は、予想を超える素晴らしいものだった。
 7年前、菅代表が、当時当選3回の枝野さんを政調会長に抜擢したりしていたので、期待はしていたが、まさかその枝野さんを幹事長にするとは。枝野幹事長と細野幹事長代理のコンビによる党内改革を大いに期待している。
 民主党衆議院議員307名のうち当選6回以上は、わずか30名。前原大臣・仙谷官房長官・枝野幹事長・玄葉大臣は当選6回、岡田大臣は当選7回、鳩山前首相は当選8回で、菅首相は当選10回(ちなみに小沢前幹事長は、羽田元首相と渡部恒三議員とともに衆議院最多の当選14回)。玄葉議員も入閣し、当選6回以上のオールスターとなった。
 民主党が一丸となって、日本の未来のために再スタート。
 私も政府の一員として、引き続き頑張っていきます。

author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 15:02
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:02
-, -
Comment









Trackback
url: http://tamuken.jugem.jp/trackback/572