RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
一般用医薬品通信販売解禁議連
今回の議連では行政訴訟判決についてケンコーコムの後藤玄利代表取締役社長をお呼びし、意見を伺いました。また同時に昨年7月の閣議決定に基づく検討状況を厚生労働省・内閣府からもヒアリング。ここ数か月の間に判決・上告と様々な動きがあったが、厚労省での検討はほとんど進んでいないことが明らかになりました。
参加議員らの厳しい指摘もあり、行政刷新会議の規制・制度改革担当事務局は、厚労省と協議を進め、時期を区切って今後の検討スケジュールなどを取りまとめるとのこと。議連でも引き続き規制・制度改革担当事務局を後押しすると共に経過をしっかり見ていきます。

総会の次第は以下の通りです。
一 挨拶     田村 謙治 事務局長

一 関係事業者より説明聴取及び質疑応答
  ケンコーコム代表取締役社長 後藤 玄利
(資料1) (資料2) (資料3) (資料4)

一 関係府省より進捗状況説明聴取
  厚生労働省  医薬食品局総務課(資料)
  内閣府  行政刷新会議規制・制度改革担当事務局

一 質疑応答、意見交換

〈参考資料〉
判決要旨判決概要
関連記事

【有識者】大上二三雄氏
行政刷新会議「規制・制度改革委員会」委員
エム・アイ・コンサルティンググループ(株)代表取締役 IMG_9314
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 14:00
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:00
-, -
Comment









Trackback
url: http://tamuken.jugem.jp/trackback/1052