RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
事業仕分けの準備スタート
  来週、特別会計の事業仕分けが始まるため、視察の様子などが報道されているが、私の担当は来月中旬の再仕分け。
 その準備のヒアリングが始まった。行政刷新会議事務局が絞ったテーマについて、各省庁の担当者から20〜30分程度。国会議員の仕分け人とともに民間の仕分け人も。私のチームは新人の高邑議員が主査で、ヒアリングの進行も務める。どうしても時間オーバーすることが多いが、午後1時から5〜6時間ぶっ通し。今日から来週火曜まで5日間続く。
 昨年秋と今年の春の事業仕分けで取り上げられたもので、見直しが不十分なものを「再仕分け」で取り上げる。
 税金のムダ遣いを徹底的になくすため、全力で取り組んでいます。
author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 23:00
comments(0), trackbacks(0)
第8回経済対策検討チーム会合
author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 17:41
comments(0), trackbacks(0)
蓮舫大臣とサポートステーション視察
サポートステーションの事業説明を受ける@横浜


意見交換会


意見交換会参加@横浜


意見交換会

author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 13:22
comments(0), trackbacks(0)
新政権の船出
  私は、かねて「民主党は生まれ変わらなければならない。年功序列から実力主義へ」と主張してきたが、菅首相の組閣・党内人事は、予想を超える素晴らしいものだった。
 7年前、菅代表が、当時当選3回の枝野さんを政調会長に抜擢したりしていたので、期待はしていたが、まさかその枝野さんを幹事長にするとは。枝野幹事長と細野幹事長代理のコンビによる党内改革を大いに期待している。
 民主党衆議院議員307名のうち当選6回以上は、わずか30名。前原大臣・仙谷官房長官・枝野幹事長・玄葉大臣は当選6回、岡田大臣は当選7回、鳩山前首相は当選8回で、菅首相は当選10回(ちなみに小沢前幹事長は、羽田元首相と渡部恒三議員とともに衆議院最多の当選14回)。玄葉議員も入閣し、当選6回以上のオールスターとなった。
 民主党が一丸となって、日本の未来のために再スタート。
 私も政府の一員として、引き続き頑張っていきます。

author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 15:02
comments(0), trackbacks(0)
蓮舫新大臣と政務三役会議
本日蓮舫新大臣との政務三役会議があり、今日が初顔合わせでした。


P1000659

author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 15:36
comments(0), trackbacks(0)
拉致家族、菅総理と面会
私も拉致問題担当の政務官として同席。この問題を一刻も早く解決すべく全力で取り組みます。


20100610御家族、総理 008

author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 09:18
comments(0), trackbacks(0)
内閣府大臣政務官に再任
内閣府大臣政務官に再任されました。
菅総理のもとで、日本を立て直すべく、全力で頑張ります!

P1000617


P1000639
author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 22:19
comments(1), trackbacks(0)
規制制度改革分科会 出席
author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 10:42
comments(0), trackbacks(0)
韓日関係の新たな100年企画 第1回フォーラム 主催 韓国大使館
今日韓国大使館主催で「韓日関係の新たな100年企画」第1回フォーラムが開催され私もパネラーの一人として参加。基調講演を小此木政夫(慶應義塾大学教授)氏が行った後、「民主党政権下、新たな100年に向けた韓日協力の方案」というテーマでパネルディスカッション。参加者は、前原誠司・国土交通大臣、長島昭久衆議院議員、市村浩一郎衆議院議員、風間直樹衆議院議員と私。今年は日韓併合から100年という節目の年。真の日韓友好を築くために頑張ってまいります。


P1000909

author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 10:07
comments(0), trackbacks(0)
衆議院・決算行政監視委員会第一分科会答弁
今日衆議院決算行政監視委員会にて木村太郎(自民)委員への答弁に立ちました。


衆・決算行政監視委第三分科会(国立大学法人ランキング)

author:衆議院議員 田村謙治, category:政府, 10:23
comments(0), trackbacks(0)