RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
衆議院解散
 
 衆議院が解散された。
 わずか5分程度の本会議。
 近くの席の議員が「1ヶ月後は、この与党側の席ではなくなるのかなぁ」とつぶやいた。

 その言葉を聞きながら、万感の思いが込み上げてきた。
 3年2ヶ月前、総選挙直後の衆議院本会議で、初めて与党側の席に座ったときの、得も言われぬ高揚感。さぁ、これから日本の新しい政治の時代が始まる、と信じて疑わなかった。
 それから3年、首相は毎年交代し、民主党の支持率は低下の一途。
 マニフェストにうたった政策も、実現した政策についてマスコミに評価されていないのは極めて不本意だが、達成できなかったことも沢山ある。
 悔しさはつのる。

 しかし、賽は投げられた。
 大逆風の中での戦い。
 原点に返って、死にもの狂いで頑張るしかない。

 小さいときから「日本を、いい国にしたい。そのために政策立案を主導する官僚になろう」と思い続けた。財務省に入省したとたん、バブルが崩壊し、激動の時代に突入した中、「政策立案は、真に日本を思い、日本の、子どもたちの未来を憂う政権が主導しなければならない」「そのために我が身を捧げるのが、私の使命」と確信して立候補したのが10年前。

 今でも私の気持ち、使命感はまったく変わらない。
 民主党政権の挫折に、ふと、暗澹たる気持ちになることもあるが、それだけ困難な時代、戦後最大の国難に、全身全霊を賭して立ち向かうことこそ、私の使命だと思い定めている。

 自民党も、3年位で変わるはずもない。第三極も、政策を棚上げした野合集団になりつつある。
 総選挙の後、次の総選挙までの3〜4年間も、政界が混迷することは必至だ。

 国民のため、日本の未来のため、本物の政治主導を実現するために、政界全体を一新するフロントランナーを目指して、必死に頑張ります!
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 23:12
comments(1), trackbacks(0)
緊急支援者集会のお知らせ

先ほど、衆議院が解散されました。
愛する日本のため、静岡から政界一新を果たすため、四期目の当選に向けて戦います!
ぜひお集まりください!

田村謙治 緊急支援者集会

開催場所をクリックすると地図が表示されます。+/−で拡大/縮小してご覧ください。


あす11月17日(土)
10時〜 
富士宮 浅間大社参集所
19時〜 清水 浪漫館14階

author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 16:47
comments(2), trackbacks(0)
秘書が来年の静岡市議選に向けて始動!
  新学期初日、私の清水事務所の秘書、赤池剛直(あかいけたけなお)が、来年3月の静岡市議選に向けて本格的に活動を開始しました。
 赤池のブログはこちらです。

  赤池は、私からは「タケ」、他の秘書からは「あかさん」と呼ばれています。 
 タケと初めて会ったのは2009年。総選挙前の座談会に来てくれて、総選挙後にゆっくり話を聞きました。「仕事(スター精密)を辞めて、松下政経塾に入り、政治家を目指したい」と言うので、「だったら、僕の事務所で働いた方が勉強になるよ」と口説いて、2010年元旦から秘書として働いてくれています。秘書として、まだわずか丸2年。未熟なところも多々ありますが、本人も日々頑張って、成長してくれています。
 皆さまにも、是非、厳しくご指導頂き、赤池を育てて頂ければ幸いです。

 今までに私の事務所を巣立って議員となったのは、後藤哲郎(静岡市議09年〜)、野本貴之(富士宮市議11年〜)の2人。3人目を目指し、本人はもちろんのこと、田村事務所も全力を尽くします。
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 23:00
comments(0), trackbacks(1)
野田佳彦代表誕生、新総理へ
 3時間を超える民主党代表選挙が終わった。私は、第一回投票は前原誠司議員に、決戦投票は迷わず野田佳彦議員に投票した。
 前原さん落選で残念な気持ちもあるが、野田さんが決戦投票を制し、野田首相誕生で嬉しい気持ちもある。
 前原議員の火曜日の出馬表明からわずか5日あまり。私も私なりに全力で頑張った。敗因は、一言で言えば「準備不足」だろう。野田陣営は、2ヶ月以上前から準備を始めていた。ずっと、前原グループの支援も前提に考えていたため、前原議員の出馬に反発した人も多いと聞く。岡田幹事長は、当初からの野田支持のスタンスを変えず、直前(昨日)には、菅グループも野田支持に回ったとのこと。2002年の代表戦に野田議員が出馬した後に、前原グループと野田グループが結成され、それ以来、代表戦のたびに協力しあってきたグループ同士が敵対したことは、不幸なことだったと思う。両グループにかけもちで入っている中堅・若手議員も多い(私もその1人)。これからは、野田首相のもと、一緒に頑張っていければと思う。
 野田議員の新代表就任の挨拶は、気迫にあふれていた。是非、その気迫で政権を引っ張って欲しい。民主党政権が、震災からの復興、日本再生に向けてまい進し、一日も早く、国民が、日本の未来に希望を見出せるようにしなければならない。国民の民主党に対する信頼を取り戻し、「日本の未来を民主党に託そう」と再び思ってもらえるよう、私もその一員として、全力で頑張ってまいります。
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 17:11
comments(1), trackbacks(0)
今回の代表選では前原さんを支持します
 前原グループの役員である私は、約1ヶ月前に「前原さんは今回の代表選に出るべきでない、出ないだろう」という考えの下、「前原さんが出ないのであれば、当選3回の馬淵さんが首相候補者の1人となることに、政界実力主義に向けた大きな将来的意義がある」という思いで、馬淵さんを応援してきました。

 私は、これからの日本の首相には、「国民への発信力」と「マネジメント能力」とが極めて大切だと考えています。馬淵さんは、発信力と「個人としての」マネジメント能力において、前原さんに勝るとも劣らないと思っています。しかし、現在の日本においては、前原さんの方が首相に相応しいと考えています。その理由は、政府の経営能力には、半ば残念ながら、「人脈」「チーム力」(党内の実力ある議員との信頼関係)も必要であり、その点においては、前原さんの方が馬淵さんより上だ、と考えるからです。

 もちろん、前原グループの役員として、出馬を表明した前原さんを支えるべきと考えたことは言うまでもありません。 また、近い将来、馬淵さんが首相になるべき方だという考えも変わっていません。馬淵さんを支えている先生方からのご批判は甘んじて受けます。しかし、現下の政治状況を踏まえて熟慮を重ねて出した結論であり、一政治家としての判断であることをご理解いただければ幸いです。
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 08:22
comments(2), trackbacks(0)
統一地方選を終えて
 昨日、富士宮市長選と市議選が終わりました。
 市議選では、民主党公認で二人の新人候補を擁立しました。四本県議と私、両方の後援会青年部長として頑張ってきてくれた佐野和彦君(39才)、そして、私の秘書として4年間頑張ってくれた野本貴之君(30才)。逆風の中、新人二人の擁立は無謀とも言われていましたが、二人共、多くの皆様に支えられ、好成績で当選。野本君は、富士宮出身ではない落下傘候補にも関わらず2位当選でした。
  一方、市長選は、民主党推薦の深沢竜介氏(48才)が、元自民党県議の須藤氏(64才)に29971vs32396の僅差で敗れました。深沢氏は、私が静岡4区で活動を始めた8年前、2003年の4月に市長選に初挑戦。そのときは大敗したものの、4年前の市議選では断トツのトップ当選。私の選挙も最初からずっと応援して下さり、2年前の県知事選でも川勝平太候補を共に応援した同志。満を持しての再挑戦のはずでした。わずか2400票差は、本当に残念でなりません。
 今後、選挙を通して皆さまから頂いたご意見・ご批判をしっかり胸に刻んで、日本復興のために邁進してまいります。
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 19:02
comments(1), trackbacks(0)
統一地方選前半戦終了〜現職県議3人再選〜
  昨夜、静岡県議選と静岡市長選が開票されました。
 私の選挙区の、林芳久仁県議(清水区)・四本康久県議(富士宮市)・桜町宏樹県議(旧富士川町を含む富士市)は全員無事再選。
 しかし、富士宮(定数2)は予想よりはるかに厳しい結果でした。31才の完全無所属新人が、2位の四本県議に約1000票差まで迫り、四本県議の当確も10時過ぎとなりました。桜町県議も、上位当選という予想には届かず。
 林県議が予想より善戦したのと比べると、静岡県東部(富士川以東)は、富士宮の大地震や計画停電もあり、与党民主党に対する批判が一層強かったことを実感いたしました。
 ご支援頂いた方々への感謝の気持ちとともに、今後の日本復興への責任感で一杯です。

 来週はいよいよ統一地方選後半戦。
 富士宮で市長選と市議選があります。
 気を一層引き締めて、全力で頑張ります。
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 23:00
comments(1), trackbacks(0)
応援行脚
党本部の指示で先週は熊本、宮崎。今週前半は石川、富山、香川、広島、福井、岐阜と全国を飛び回っています。静岡と行ったり来たりなので、この1週間でかなりの移動距離になりました。私が留守にしている間は、地元では後援会の皆さんと事務所スタッフ、妻が必死に戦ってくれています。全国の同志のために私も全力で頑張ります!

「政務三役日程」は民主党サイトのトップページに載っています。
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 13:36
comments(2), trackbacks(0)
参議院選挙 街頭演説日程

私も応援弁士として参加します。
藤本ゆうじ候補と土田ひろかず候補の熱い思いをお聞きください!

藤本ゆうじ街頭演説

6月29日(火)
清水
8:00  JR草薙駅
9:00  JR清水駅江尻口(西口)
10:30 由比川橋東側
11:30 JR新蒲原駅

富士宮
13:30  ポテト松野店付近
14:00  ポテト野中店付近
15:00  サークルK高原店付近
16:00  JR身延線 源道寺駅前
17:00  サークルK西小泉店付近
18:00  バイパス阿幸地南交差点
19:00  浅間大社総決起集会
19:40  ジャスコ富士宮店付近

7月4日(日)
清水
15:00  ジャスコ清水店付近
16:30  JR清水駅江尻口(西口)
18:30  JR清水駅江尻口(西口)

7月8日(木)
富士宮

8:00  食堂ポーム付近
9:00  朝日町交差点
10:00 JR富士川駅前

清水
11:00 清水IC西交差点
12:30 Uマート船越店付近
13:00 JR草薙駅

7月10日(土)
清水
14:30 JR清水駅江尻口(西口)ファイナル集会


土田ひろかず街頭演説
6月26日(土)
富士宮

8:00  前田町交差点付近
9:00  西富士道路入り口
11:00 ジャスコ富士宮店西側
12:00 富士川橋入り口

7月2日(金)
清水

16:30 JR清水駅江尻口(西口)
19:30 JR清水駅江尻口(西口)

7月4日(日)
清水

10:00 JR清水駅江尻口(西口)
11:00 エスパルスドリームプラザ付近
13:00  JR清水駅江尻口(西口)

※交通事情により開始時間が前後する場合がありますのでご了承ください。







author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 11:32
comments(1), trackbacks(0)
参院選で、静岡県でも民主党2人目擁立
  今日、小沢幹事長が静岡県にやってきて、7月の参院選に向け、現職の藤本祐司参議院議員(国土交通政務官)に続き、2人目の新人候補を発表した。30才の女性。
 民主党静岡県連会長の牧野聖修衆議院議員をはじめ、静岡県の民主党議員(国も地方も)の間では2人擁立に対する抵抗感が強く、牧野会長が小沢幹事長に「2人擁立は困難」と伝えた中での、党本部決定。
 参院選は、静岡県全体が1つの選挙区。定数は2人。今まで、民主党と自民党が議席を1つずつ分け合ってきた。民主党で1人しか候補を擁立しないと、少なくとも当選は確実なので、選挙活動も真剣みが薄れるのは事実。3年前の参院選(民主党は榛葉賀津也氏)の際は、私自身はもっぱら1人区の県を応援で回っていた。
 だから、2人区の県に民主党が2人の候補を擁立することは、それぞれの陣営が必死に選挙活動をすることにより、民主党の支持拡大、票の掘り起こしが促進されるという意味で、選挙戦術としてはありだと思う。
 しかし、今、政治とカネや普天間で、内閣と民主党の支持率が急降下している中では、離れていく支持者を引き止めるだけで必死で、支持拡大など望むべくも無い。連合静岡の吉岡会長は、記者会見で「2人擁立するなら、幹事長が辞任すべき」と訴えていたが、地元では、賛意の声が相次いでいる。
 ともかく、民主党が生まれ変わり、国民に「民主党に平成維新を続けさせてみよう」との期待感を再び持ってもらうことが先決ではないだろうか。
author:衆議院議員 田村謙治, category:選挙, 23:00
comments(1), trackbacks(0)