RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
国会活動
♦行政改革調査会役員会
議題:
1.役員人事案・各役員の担当について
2.今後の進め方について
 行政改革調査会

♦政調役員会
マニュフェスト作業チームの全体構成について
09年総選挙マニュフェスト実績検証  など
 政調役員会
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 18:00
comments(0), trackbacks(0)
内閣・外務・防衛・沖縄政策PT 合同会議
議題:「沖縄における米軍による暴行事件について」 内閣・外務・防衛・沖縄政策PT 合同会議
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 19:00
comments(0), trackbacks(0)
内閣・外務・防衛合同会議
議題:1.南スーダン国際平和協力業務 実施計画の変更について
2.ハイチにおける自衛隊施設部隊の施設活動の終了について

内閣・外務・防衛合同会議
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 17:39
comments(0), trackbacks(0)
野田新体制と自民党総裁選
  第3次野田改造内閣がスタートした。
 党執行部と合わせて、離党者がこれ以上出ないよう最大限の配慮をしたのだと思いますが、私が期待していた「脱年功序列」「実力主義」とはならず、政務3役も含めて「順送り」的な色合いも強いことは残念でなりません。

 例えば、衆議院1期生の5人が大臣政務官に就任したのは、今の民主党では大抜擢なのでしょうが、年功序列の壁は破られていません。
 政務3役に必要な「実力」は、政策についての知識・方向性、それを補完するブレーン集団、組織のマネジメント能力、だと私は考えます。例えば、財務大臣政務官に就任した網屋信介議員は、メリルリンチ副会長まで上り詰めた人です。「実力」でなら大臣にも相応しいと思います。

 二言目には「永田町での経験が」と言う議員も多いのですが、それは、「実力」ある議員を「経験ある」議員が副大臣や政務官で支えればいいのです。そのようなことは当たり前と誰もが思っているアメリカやイギリスでは、40代の人が大統領や首相になるわけです。
 日本の民主党でも、後輩が自分より出世することに対する嫉妬を振り払い、チームとしてベストの力を発揮できる体制をつくるという思いを共有すべきです。そのような「脱年功序列」「実力主義」の政党に生まれ変わるべく、私も様々な努力をしていきたいと思っています。

 自民党の場合には、年功序列に、さらに、世襲、派閥政治、という要素が加わることは、総裁選を見ても明らかでした。
 世襲議員と言っても、例えば町村議員や林議員は東大卒ですし、世襲=能力が足りない、とは限らないのですが、自民党国会議員は、世襲が一番多く、残りは、地方議員上がりが多い、極めて閉ざされた世界となってしまっているため、人材面で、民間企業出身など、民主党の方がはるかに多種多様です。それは、中堅・若手となると、さらに顕著であることは間違いありません。
 また、総裁選で、5人の候補がそろって「原発継続」を主張していたのは、自民党が依然として、経団連をはじめとする業界団体寄りであることを象徴していました。

 
 脱年功序列、実力主義の政治に変えるべく、政界を一新せねばなりません。

author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 23:00
comments(0), trackbacks(1)
民主党代表選挙 野田首相再選

♦代表選4候補者

CIMG2606
♦国会議員による投票

CIMG2602
♦野田首相続投決定後のぶら下がり取材
CIMG2607
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 16:03
comments(1), trackbacks(0)
野田佳彦選挙対策本部 発足式
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 19:11
comments(0), trackbacks(0)
野田首相への提言
 本日、長妻昭議員を中心とする有志議員団で野田首相へ提言を行いました。
内容としては代表選を前に、民主党の本来の立ち位置を示すとともに、発信が弱いと感じる社会保障、政治・行革等に関するものとなります。この提言に関して私たちも当事者として、今後、実現に向けて尽力して参ります。

長妻議員との首相提言
長妻議員との首相提言

資料リンク
提言『すべての人が活きる社会〜格差が小さい生活者主権の国〜』
提言趣旨
参考資料1 社会保障給付費
参考資料2 社会保障給付費GDP比
参考資料3 暮らしの質を測る
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 12:00
comments(0), trackbacks(0)
内閣・外務・国交・防衛 尖閣に係る緊急合同部門会議
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 16:38
comments(0), trackbacks(0)
一般用医薬品通信販売解禁議連
今回の議連では行政訴訟判決についてケンコーコムの後藤玄利代表取締役社長をお呼びし、意見を伺いました。また同時に昨年7月の閣議決定に基づく検討状況を厚生労働省・内閣府からもヒアリング。ここ数か月の間に判決・上告と様々な動きがあったが、厚労省での検討はほとんど進んでいないことが明らかになりました。
参加議員らの厳しい指摘もあり、行政刷新会議の規制・制度改革担当事務局は、厚労省と協議を進め、時期を区切って今後の検討スケジュールなどを取りまとめるとのこと。議連でも引き続き規制・制度改革担当事務局を後押しすると共に経過をしっかり見ていきます。

総会の次第は以下の通りです。
一 挨拶     田村 謙治 事務局長

一 関係事業者より説明聴取及び質疑応答
  ケンコーコム代表取締役社長 後藤 玄利
(資料1) (資料2) (資料3) (資料4)

一 関係府省より進捗状況説明聴取
  厚生労働省  医薬食品局総務課(資料)
  内閣府  行政刷新会議規制・制度改革担当事務局

一 質疑応答、意見交換

〈参考資料〉
判決要旨判決概要
関連記事

【有識者】大上二三雄氏
行政刷新会議「規制・制度改革委員会」委員
エム・アイ・コンサルティンググループ(株)代表取締役 IMG_9314
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 14:00
comments(0), trackbacks(0)
【記者会見】 一般用医薬品通販解禁議連

本日、民主党「一般用医薬品の通信販売解禁を推進する議員連盟」を代表し蓮舫議員と共に記者会見を行いました。
P1050516

一般用医薬品のインターネット販売規制の緩和は私が内閣府の政務官時代から取り組んできたもので思い入れがあり、行政刷新担当大臣として「規制仕分け」を担当していた蓮舫議員も同様。

一般用医薬品のネット販売規制の無効などを求めた販売者が行政訴訟で一審では原告敗訴となったが、控訴審で一審の判決を一部取り消し、一般用医薬品のインターネット販売を含む郵便等販売を認める逆転判決を下していました。これに対し厚労省の上告を牽制すべく行った記者会見でした。

ですが結果として同時刻に厚労省からは上告が報道機関に流されていました。

議連としては国民の生活をより良いものにすべく、引き続きどういう形でネット解禁できるのかを検討し続けます。

≪政府向け≫要請文
≪業界団体向け≫要請文

下記関連報道になります。ご覧ください。

CNET Japan
「医薬品のネット販売訴訟で厚労省が上告--蓮舫議員ら解禁派は緊急会見」
http://japan.cnet.com/news/business/35016884/

医療介護CBニュース
「ネット販売推進議連、上告断念要請も届かず- 緊急会見中に「上告」の連絡」
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/37190.html


参考)厚労省の上告関係記事

日本経済新聞「大衆薬のネット販売訴訟、国が上告へ」
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E2EBE2E3918DE2EBE2E7E0E2E3E09180E2E2E2E2;at=DGXZZO0195591008122009000000
MSN産経ニュース「医薬品ネット販売訴訟で国が上告「法律判断妥当とは言いがたい」」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120509/trl12050916200010-n1.htm
読売新聞「市販薬ネット販売の規制違法判決、厚労省上告へ」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120509-OYT1T00517.htm
日刊スポーツ「薬ネット販売、国が上告」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20120509-948043.html
NHK「薬のネット販売裁判 国が上告」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120509/k10014998121000.html
サーチナニュース「医薬品ネット販売の是非 最高裁の場へ」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?=2012&d=0509&f=politics_0509_018.shtml
author:衆議院議員 田村謙治, category:国会, 19:00
comments(0), trackbacks(0)